東洋医学鍼治療PAPT療法について

藤井歯科医院では、1979年より歯科に東洋医学治療(鍼治療)を取り入れてきました。
現在では、歯科の分野でもある顔面神経麻痺、三叉神経麻痺に特化した鍼治療を行っており、初期症状の方から後遺症でお困りの方まで、全国から来院される患者様に治療を行っています。

当医院の鍼治療法

当医院では、顔面神経麻痺・三叉神経麻痺の治療に、東洋医学鍼治療 Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法を行っており、また、レーザー治療、近赤外線治療も併用して治療を行っております。
この鍼治療Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)は、従来の鍼治療とは違う鍼治療法で、2001年に当医院長が開発し、確率した西洋医学的考えも取り入れた独自の鍼治療法になります。
治療効果の出現が早いのが特徴です。

Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)の特徴

〇西洋医学的考えと東洋医学を融合した独自の鍼治療法です。

〇痛みやしびれ、麻痺などの症状が、解剖学的、生理学的、神経学的、筋骨学的にどの神経の支配領域かをしっかり見極めて、鍼治療を行います。そのため、良い治療効果が得られます。

〇その場で治療効果を実感していただいてます。
PAPT療法は治療効果の表れるのが早いのが特徴です。
症状や発症から治療を受けるまでの期間により、個人差はありますが、初期症状の方は勿論、重度な方でも何かしらの変化を感じていただいております。

〇開発者である院長だからわかる的確で高度な技術による置鍼

〇麻痺している部分だけを見のではなく、身体全体から包括的に見て診断・治療を行います。

〇症状により、レーザー治療、近赤外線治療の併用することで、より治療効果が得られます。
星状神経節ブロックと同じような効果が得られ、交感神経の緊張を緩める効果があります。

〇痛みは少なく初めての方でも安心して受けられます。
細いハリを使用することと、院長による高度な技術で痛みは少なく安心して受けられます。

〇病院での西洋医学的治療を受けながら、PAPT療法を併用して大丈夫です。

〇使用するハリは、国内産の滅菌ディスポーサブル鍼(使い捨て)を使用しています。

〇頭頚部のみの治療の為、歯科治療のチェアーにおかけのまま行うことが出来ます。

〇PAPT療法の幅広い活用
Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)は、頭・首・肩・腰などの痛みの治療、神経痛、しびれ麻痺の治療、めまい、耳鳴り、不眠障害、更年期障害などの不定愁訴や、脳出血や脳梗塞における半身不随・麻痺・言語障害・難病・パーキンソン症候群などの治療に幅広く活用されています。

当医院では、歯科領域における麻痺や痛みの症状改善、また噛み合わせの異常による首・肩・腰などの痛みや偏頭痛、脳梗塞による顔面神経麻痺など、様々な症状改善を行っており、
特に、顔面神経麻痺・三叉神経麻痺(オトガイ神経麻痺)でお悩みの患者様には、関東圏はもとより全国各地、ご遠方からもご来院いただいております。

 

顔面神経麻痺・三叉神経麻痺治療に20年以上、500症例以上の実績

顔面神経麻痺、三叉神経麻痺の様々な症状でお悩みの患者様に、治癒、回復、改善と治療を行ってまいりました。
安心してお気軽に当医院にご相談下さい。

 

治療料金

自費診療になります。
初診時   9,720円(消費税込み)
再診時   7,560円(消費税込み)
ご相談のみ 3,240円(消費税込み)

一回の治療時間は、30分~1時間になります。

リラックスされたお気持ちで治療をお受けになって大丈夫です。

 

 

 

PAGE TOP