院長紹介

院長  藤井 宰(ふじいおさむ) 歯学博士

1975年 日本大学歯学部卒業
1979年 埼玉県越谷市にて開業
1989年 日本大学歯学部生理学教室学位取得

1979年より歯科に東洋医学治療(鍼治療)を導入
2001年より自身が開発したParietal Acupoint Therapy(PAPT療法) を導入し、現在に至る

 

治療方針

 

先ず、患者様のお話をよく伺います。

お困りのことなどご遠慮なくお話し下さい。

患者様の主訴に対しての鍼治療を行う前に、まず全身調整(バランス)を行うことから始めていきます。

これは人間がもともと持っているホメオスタシス(恒常性)を保ち、また、自分自身で治そうとする力を手助けすることと、自律神経の調整を行うためで、それによりParietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法の治療効果が非常に良くなります。

治療に際しては、『先ずは 人を診て 局所を診る』という考えで患者様に接しております。

顔面神経麻痺を発症すると、苦痛や生活に不便なだけでなく、外見上、見た目にも表れるため、ストレスも大きなものがあると思います。

顔面神経麻痺や三叉神経麻痺でお悩みの患者様、今迄色々と治療を受けたが治らずお困りの患者様、また、後遺症が治らずお悩みの患者様に何とか治して差し上げたいという気持ちで治療に当たっております。

 

今迄色々と治療を受けたが治らずお困りの方も諦めずにご相談下さい。

早期の受診、治療が大切です。

 

所属学会・団体

 

・日本歯科東洋医学会 理事・専門医・指導医・認定医
・YNSA新頭鍼療法 指導医・専門医
・PAPT研究会 会長
・日本歯科人間ドッグ学会  顧問
・日本歯科骨粗鬆症研究会  理事
・日本歯科統合医療学会 評議員
・日本歯科医師会 会員
・埼玉県歯科医師会 会員
・越谷市立大袋中学校 校医

1983年に日本歯科東洋医学会の発足時から所属し、理事・常任理事・専務理事・副会長を歴任して参りました。
認定医・専門医・指導医の資格を当学会が制度を開始した年から取得しております。

 

講演等

 

・1987年  第14回中華民国歯科医学会大会において、高雄医学院(台湾)にて代表特別講演を行う

・1998年  国際医師鍼治療学会(ICMART)を実行委員長として宮崎県で開催し、招待講演座長を務める

・2000年  日中・中医学口腔疾病治療学術検討会において、北京大学人民医院講堂にて代表特別講演を行う「新頭鍼療法(YNSA)の歯科治療への応用」

・2004年  埼玉県知事表彰授与

・2006年  第1回国際医師鍼治療学会(東京)を主催・コーディネート

・2008年  第21回日本歯科医学会において「歯科臨床における新頭鍼療法による疼痛管理と麻痺治療」を発表

・2010年  日本歯科東洋医学会 学会賞受賞

・2012年  第30回日本歯科東洋医学会学術大会において特別ワークショップ講演を行う「YNSAのアプローチについて」

・2013年  第31回日本歯科東洋医学会学術大会において特別ワークショップ・講演を行う「明日からの臨床に即応用できる新頭鍼療法」

・2017年  MEDICAL ACUPUNCTURE (米国) に論文発表
Efficacy of Parietal Acupoint Therapy(PAPT)
: Scalp Acupuncture for Neck/Shoulder Stiffness with Related Mood Disturbance

その他、現在日本において医師・歯科医師の先生を対象に、Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法の講習会を開催している。

 

講演会・講習会風景

 

 

  


Lumix2開発者のマルキーナ博士と当医院長

PAGE TOP