本文へスキップ

三叉神経麻痺・下歯槽神経麻痺治療に確かな技術と即効性のある鍼治療の藤井歯科医院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-985-2567

〒343-0825埼玉県越谷市大成町7-274-4

三叉神経麻痺下歯槽神経麻痺・オトガイ神経麻痺)・三叉神経痛

三叉神経・三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺)について

  • 三叉神経とは

    脳神経の中で5番目の神経で12ある神経の中で最も太い神経です。
    顔面の感覚を伝える感覚繊維と、咀嚼筋を支配する運動繊維からなります。
    三叉神経の感覚繊維は、三叉神経節を作り、ここから前方に向かって、眼神経(眼から上の前頭部)、上顎神経(上顎部)、下顎神経(下顎部)に分かれます。



    三叉神経領域

    三叉神経
  • 三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺)とは

    歯科で言う三叉神経麻痺とは、三叉神経第3枝の麻痺のことを言います。
    この神経の名称を下歯槽神経・下顎神経とも言い、また、この神経の末梢部分の名称をオトガイ神経と言うので三叉神経麻痺のことを、下歯槽神経麻痺・下顎神経麻痺・オトガイ神経麻痺と色々呼び名がありますが、症状としては皆同じで、オトガイ部から口唇・口腔粘膜・歯肉にかけての麻痺のことになります。

    三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺)のほとんどが片側性に起こる麻痺で、治療を行った側の口唇・口角・舌類などに多く認められます。
    また、外科矯正や美容整形で小顔にする為の骨削りなどによる両側性の麻痺もあります。
  • 三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・オトガイ神経麻痺)の症状

    下口唇・口角部・前歯部口腔粘膜・歯肉の麻痺を特徴とします
    時には、熱感やむずむず感なを伴うこともあります
     片側の下顎全体に麻痺感と熱感を感じたり、ピリピリするような感じがあったりすることがある
    次第に口角から正中部までの顎・唇に麻痺が生じ、手で触っても感覚がないなど感じることがある。 
     発音がしにくく、水などを含むと口から流れ出してしまうような症状が続く

三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・オトガイ神経麻痺が起きたと思ったら

  • 出来るだけ早い受診が大切

    その麻痺が起きる原因の治療や手術を行った診療科に先ずは相談し、麻痺の治療を受けて下さい。
    例えば、口腔外科・整形外科・美容整形外科・ペインクリニックなど。
    それでも、麻痺が治らない場合には、鍼治療も有効な治療方法です。
    藤井歯科医院では確かな治療と即効性のあるParietal AcupointTherapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法を行っております。

三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・オトガイ神経麻痺の一般的な治療


  • 一般的な西洋医学治療

    保存療法として原因を除去し神経の再生手術を行う 
    薬物療法
    電気療法
    星状神経節ブロック
    ソフトレーザー療法など 

藤井歯科医院での三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・オトガイ神経麻痺治療


  • 当医院での治療をご希望の場合、お電話にてご予約の上、ご来院下さい。

    長期間(1年以上)放っておくと、なかなか治りにくくなってしまいますので、出来るだけ早い相談・治療が必要です。
    また、紹介状のある方は、必ずご持参下さい。  
  • 当医院の鍼治療Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法

    藤井歯科医院では、三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・オトガイ神経麻痺)顔面神経麻痺治療に、治療効果と即効性のある鍼治療Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法を行っております。
    また、レーザー治療近赤外線治療も併用して行っております。

    Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法は、従来の東洋医学治療と比べ、治療効果の出現が速いのが特徴です。
    主に、頭頚部(頭と首)を中心に診断と治療を行う鍼療法で、頭頂部に全身すべてが反映されており、解剖学的・生理学的・神経学的・筋骨学的にどの神経の支配領域なのかをしっかりと見極めて鍼治療を行うので、高い治療効果を得ることが出来、患者様にはその効果をその場ですぐに実感していただいております。

    また、PAPT療法は頭頚部のみの治療ですので、歯科治療のチェアーにおかけのまま行うことが出来ます。(「治療の流れ」をご参照下さい)


    使用する鍼は、すべてセイリン社(日本製)の滅菌ディスポーサブル鍼を使用し、細い鍼を使用しますので痛みも少なく、患者様には安全・安心して治療を受けていただいております。

    今迄色々と治療を受けたけれども、なかなか治らずお困りの方も諦めずにご相談下さい。

    尚、Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)につきまして、「当医院の治療」でも詳しく掲載しております。
    また、「症例」では、三叉神経麻痺治療の治療期間、治療回数、様々な症状と治療、症状改善、などにについて、「Q&A」では、よくあるご質問などについて掲載しておりますので、ご参考になさって下さい。

三叉神経痛について


  • 三叉神経痛とは

    三叉神経痛は、顔面にズキッとするような電撃痛が生じる状態は有名です。
    主に、第2枝の領域に最も多く発症することが知られていて、上顎からこめかみに向かってズキッとする様な激痛が放散し、数回の放散痛が群発することが多いです。
    痛みは、通常片側の三叉神経第2枝か、第3枝領域に発症し、痛みが発作的に数十秒から2分持続します。
    また、帯状疱疹による三叉神経痛は、第1枝に多く発症します。第1枝に発症する割合としては5%以下と例外的です。

    三叉神経痛の発症は、女性に多く特に中高年(40〜60際)に多いです。
    洗顔、歯磨き、髭剃り、喫煙、会話、咀嚼、嚥下、その他顔面や口周囲に触れたり、動かしたりする時に発作が誘発されることが多く、またそよ風などでも誘発されることがあります。
    発作後はしばらく再発しません。

    また、三叉神経痛は、特発性三叉神経痛持続性三叉神経痛に分類されます。
    下記に掲載しています。
      

特発性三叉神経痛


  • 特発性三叉神経痛の症状

    通常片側性で、ほとんどが数秒から突発的な一瞬の激痛が起こり、長くても数十秒で痛みは消失する 
    洗顔や化粧、髭剃り、歯磨き、咀嚼(物を噛む時)などの動作や冷たい水を飲むといった寒冷刺激により痛みが誘発され、顔に激痛が走ることがある
  • 特発性三叉神経痛の原因

    原因不明とされていましたが、近年になり動脈硬化などにより血管が三叉神経を圧迫している場合や、脳腫瘍により三叉神経が圧迫されたことが原因とされています。
  • 特発性三叉神経痛の一般的治療

    内服薬としてカルパマゼピンが有効、 その他、アルプロ酸ナトリウムやフェニトインなど
    内服薬ではどうしても痛みが取れない場合は、手術を行い三叉神経を圧迫している原因を取り除きます。 
    その他、三叉神経ブロックなど。 

持続性三叉神経痛


  • 持続性三叉神経痛の症状

    特発性三叉神経痛のような疼痛発作ではなく持続性の痛み 
    帯状疱疹後、三叉神経痛は特に額から顔面にかけての激痛が見られ、三叉神経の走行と一致して皮膚に疱瘡が見られることがあります 
    その他、口内炎や角膜炎などの症状  
  • 持続性三叉神経痛の原因

    外傷や炎症などの他疾患に伴い、三叉神経痛が起きる 
    帯状疱疹後、帯状疱疹ウイルスが神経節に潜伏感染し、三叉神経のうち第1枝(眼神経)に好発して三叉神経痛が起きる 
  • 持続性三叉神経痛の一般的治療

    星状神経節ブロックなど 
    帯状疱疹後、三叉神経痛は、発症初期に抗ウイルス薬が有効になります。
    (急性期の場合は、鎮痛薬や星状神経節ブロックなども行います )

三叉神経痛が起きたと思ったら


  • 西洋医学的検査・診断・治療を受けて下さい。

    受診するならば、大きな総合病院・公立病院・大学病院の脳神経外科・神経内科・ペインクリニックが良いと思います。
    西洋医学治療を受けながら、東洋医学治療を併用することは問題ありません。

藤井歯科医院での三叉神経痛治療


  • Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法

    藤井歯科医院では、三叉神経痛治療にParietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法を行っております。
    詳しくは 「当医院の治療」をご覧下さい

三叉神経痛の一般的治療

  • 三叉神経痛は、通常自然治癒します。半分の患者様では、6ヶ月は緩解状態が続くので、2ヶ月発作がなければ薬剤投与を中止します。治療薬は単剤治療が原則で、少量から開始して効果が得られるまで暫時増量していきます。
    第一選択薬としては、カルバマゼピン(商品名デグレトール)ですが、骨髄や肝臓障害、低ナトリウム血症が副作用としてあります。30%の患者様では、薬剤が無効であり、その場合は、外科的手術による処置も検討されます。
    術前にMRIにより血管による神経の圧迫などを確認し、三叉神経の周りを剥離して、血管による圧迫を解除します(奏功率90%)。
    但し、術後合併症として顔面感覚麻痺、角膜知覚麻痺、咬筋力低下、感覚異常などがあります。