鍼治療PAPT療法

PAPT療法について

当医院では開業当初の1979年より歯科に東洋医学治療(鍼治療)を取り入れてまいりました。
2001年よりは当医院長が独自に開発、確立した鍼治療法  Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法を行っており、現在では特に顔面神経麻痺、三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺)の治療を行っております。

この鍼治療法 Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法は、従来の鍼治療とは別の鍼治療法で、西洋医学的考えを取り入れた当院独自の鍼治療法になります。
解剖学的、生理学的、神経学的、筋骨学的にどの神経の支配領域かを見極めて鍼治療を行うため、治療効果の出現が早いのが特徴で、個人差はありますが、患者様にはその場で何かしらの治療効果を実感していただいております。
また、レーザー治療、近赤外線治療も併用して治療を行っています。

西洋医学は科学的研究の進歩に伴い、様々な疾病に対して検査機器、治療技術、薬物療法などの目覚ましい発展を遂げています。
ただ、難治症例、特に麻痺や疼痛に対しては、鍼治療も有効な成績を上げており、当医院ではPAPT療法により、顔面神経麻痺や三叉神経麻痺でお悩みの多くの患者様の治療結果を治癒、改善へと行ってまいりました。

PAPT療法の特徴

・治療効果の即効性
・レーザー治療、近赤外線治療の併用(星状神経節ブロックと同じような効果)
・診断は、麻痺している部分だけを診るのではなく身体全体から包括的に診る
・置鍼は頭頂部、側頭部、前頂部に行う
・局所(麻痺している部位)への置鍼はない
(治療効果が出てきてから症状に応じて初めて局所へ治療を行うこともある)
・頭頚部のみの治療のため、歯科用のチェアーにお掛けのまま治療が出来る
・ディスポーサブル鍼(使い捨て)を使用
・細い鍼を使用、痛みは少ない(初めての方でも安心して受けていただいている)
・副作用がない

※ 初期症状の方から重度の方まで院長が対応致します。

※ 治療期間には原因や、発症からの期間、症状などにより個人差があります。

※ PAPT療法は、治療を行うことにより、患者様に症状の改善、または何かしらの症状の変化をすぐに実感していただいておりますが、症状改善を持続、継続するには、個々の患者様の症状に応じてご説明する治療回数などをよくご理解なさって下さい。

PAPT療法の治療の流れ

問診・聞診・望診
問診・聞診・望診を行います。

首診
首の触診

PAPT療法とレーザー治療の併用
鍼とレーザー併用の治療
治療の流れについて詳細はこちら

PAPT療法についてよくある質問

Q1.他の病院で顔面神経麻痺治療を受けているが、当医院の治療を受けて大丈夫ですか?
A1.病院での西洋医学的治療を受けながら、当医院のPAPT療法(頭頂部鍼療法)の治療を併用して大丈夫です。
但し、問診の際、必ずどのような治療をどれだけの期間受けているのか等、詳しくお伝え下さい。

Q2. 治療回数・治療期間はどのくらいかかりますか?
A2. 治療を開始してから約2週間は、2~4日に1回程度の治療を行い、何らかの効果、変化が出始めれば、1週間に1~2回程度の治療になります。その後は、治療効果や個人差により治療間隔・回数は異なります。(顔面神経麻痺の治療例 三叉神経麻痺治療例をご参考下さい)
Q&Aをもっと見るは こちら

PAGE TOP