三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・下顎神経麻痺)

三叉神経麻痺(下歯槽神経麻痺・下顎神経麻痺)について

三叉神経とは、12対ある脳神経のうち5番目の脳神経で、脳神経で最も大きな神経です。
そして、三つの神経に分かれていて、第1枝(眼神経)、第2枝(上顎神経)・第3枝(下顎神経)となっています。

歯科で三叉神経麻痺というと、三叉神経第3枝の下顎神経の麻痺を指すことが一般的で、下顎神経麻痺下歯槽神経麻痺とも言います。また、この神経の末梢部から出ている神経をオトガイ神経というので、 この神経に麻痺が起きるとオトガイ神経麻痺とも言います。

下顎神経麻痺、下歯槽神経麻痺、オトガイ神経麻痺も症状としては皆同じで、下顎から口唇・口腔粘膜・歯肉にかけて麻痺が起こります。

下歯槽神経麻痺(下顎神経麻痺)・オトガイ神経麻痺の原因と症状

<原因>
歯科治療によるケースがほとんどです。
・下顎の親知らず抜歯
・インプラント手術
・歯根の先の嚢胞の除去手術や歯根の治療
・口腔内小手術
これらの治療により下顎神経、オトガイ神経に障害が起きたことによる

また
・外科矯正や美容外科手術(小顔にする為の骨削りなど)
・交通事故などによる下顎骨骨折の整復手術など
これらの手術後に麻痺などが起き、当医院に来院された方もいらっしゃいます。

<症状>
・下口唇や口角部の麻痺
・前歯部口腔粘膜や歯肉の麻痺
これらの麻痺が特徴として表れます。

また、
・片側の下顎全体に痺れや麻痺感・熱感
・ピリピリするよう感じ
このような症状もあります。

そして、次第に
・口角の正中部までの顎・唇(オトガイ部)に麻痺を感じるようになる。
・手で触っても感覚がない
・発音がしにくくなった
・水を口に含むとこぼれてしまうなど
このような症状も伴ってきます。

 

下歯槽神経麻痺(下顎神経麻痺)・オトガイ神経麻痺が起きたと思ったら

麻痺が起きる原因の治療や手術を行った診療科に先ずは相談して、麻痺の治療を受けて下さい。
例えば、口腔外科、整形外科、美容整形外科、ペインクリニックなどでの受診になります。

長期間、1年以上放っておくと症状が固定してしまい、なかなか治りにくくなってしまいます。
当医院に来院される患者様の中にはそのような方も多くいらっしゃいます。
出来るだけ早い治療を受けられることをお勧めします。

下顎神経麻痺(下顎神経麻痺)・オトガイ神経麻痺の一般的治療

一般的な西洋医学治療では、保存療法として原因を除去し、神経の再生手術を行います。
また、薬物療法、電気療法、星状神経節ブロック、ソフトレーザー療法などがあります。

 

当医院の下歯槽神経麻痺(下顎神経麻痺)・オトガイ神経麻痺治療

当医院では、下顎神経麻痺(下歯槽経麻痺)・オトガイ神経麻痺の治療に、東洋医学療法の鍼治療 Parietal Acupoint Therapy(PAPT療法)頭頂部鍼療法を行っております。

この鍼治療法 PAPT療法は従来の鍼治療とは違う鍼治療法で、西洋医学的考えと東洋医学を融合した当院独自の鍼治療法です。
個人差はありますが、患者様には何かしらの治療効果をその場で実感していただいており、下顎神経麻痺、下歯槽神経麻痺、オトガイ神経麻痺の症状でお悩みの患者様の治癒、改善を行ってまいりました。

鍼治療PAPT療法について詳細はこちら

当医院の下歯槽神経麻痺(下顎神経麻痺)・オトガイ神経麻痺治療実績例


左オトガイ神経麻痺
  68歳 女性 北海道

当医院に来院される3年前にインプラント手術により麻痺を発症。
大学病院に通院加療されても麻痺が改善せず、当医院を紹介される。
特に、同側口唇のしびれと、下顎の麻痺感がとれないことを主訴として来院される。

※1ヶ月(12回)のParietal Acupoint Therapy(PAPT療法)の治療により治癒する。

左下歯槽神経麻痺  28歳 女性 東京都

3年前に事故により下顎骨骨折、口腔外科、形成外科より骨折などを治療。
しかし、麻痺が治らず、特に左唇から下顎のしびれを主訴として当医院に来院される。

※約10ヶ月(35回)のParietal Acupoint Therapy(PAPT療法)の治療により麻痺感が消失する。

治療例をもっと見るはこちら

PAGE TOP